けんか上手

 僕は、元来役割で仕事をしていくタイプ
なので、大学卒業後、最初に配属された
工場の購買部門で、大企業の部長代理
みたいな人が、新人の私にペコペコする
ことに凄い違和感があった。当時、「こんな
部署にいたら人間がおかしくなる、早く
営業部門に移動せねば」と思ったものだ。

職務上の特権を利用して、必要以上に
営業マンや目下の人に偉そうにする人は、
権力に弱い人で、逆の立場になると
見るに耐えないおべっかを使ったりする。

こういうのが、生理的に嫌いな青臭い性質
なので、今でもお客様に阿らないし、営業
されても偉ぶらない。だって、所詮ビジネスは
役割だもの、フェアーなのが一番良い。

今まで何度か当社からご契約の解消の
お願いをしてきたことがあった。もちろん
僕の基準があっての話だが、ご担当は
「信じられない」と一様に驚いていた。

創業して身にしみてわかったことのひとつに
ビジネスを健全な取引と人間関係で考えられる
人と、自分の弱さを職権で隠し、虐める人が
いることだ。

いじめという事実は、昔からあり、学校を
卒業しても続く。だからあるレベルの
エグゼクティブになるためには「上手な
ケンカ」ができるように
ならなければいけない。
これは、協調性の対極にある凄技である。

これがまた難しいんだな、
コンピテンシーなどと言っている
ようではまだまだダメだなあ。
ケンカは頭で理解するものではないもの。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS