キャリアの難しさ

会社に30歳代までを依存できた僕たちはラッキーで,
今の20歳代の深刻な不安感を本質的には理解できないだろう。

でも、どういうキャリアアップが間違っていないかはわかる。

現職の経験を売って横滑りの転職は単なる問題の先送りで一番もったいない。
キャリアの先細りである。

本来キャリアアップとはどのような仕事でも、
あるいは会社でも通用するチカラを身につけることであり、
業務経験の幅を拡げることではない。

業務の幅や経験を積む先にあるのは所謂スペシャリストという世界で、
ここに入ってしまうと、なかなか付加価値も給与もあがらない。

では、そういう本物のチカラをつけるにはどうしたら良いか?
強い上司の下で鍛えられること、
あるいは吹けば飛ぶような組織で結果に責任を持った仕事をして見ること
(本当は自分で起業するのが良い)だろう。

サラリーマンにはわからないが、本当は20最大後半からはこれが一番良い方法だと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS