コンサルティングサービスの未来

デフレが進行し、高付加価値サービスが顧客ニーズとして明確になってきた今、社内事務職の失業とコンサルタントの失職が同時進行している。

社内、社外問わず、顧客は、本物のプロフェッショナルサービスだけを求めており、考えてみれば当たり前の事が起きているということだ。

一方で恐ろしいことだが、弊社のコンサルティング能力は、一部のマネジメントを除くと、内定者の方が高そうだ。これは、アウトプットを客観的に何度見てもそう思う。多分、今求められている採用サービスは、下手な経験が不要で、それに代わって必要なことは、創造力、モチベーションの他にITリテラシーなどの一部のスキルなのだと思う。

若い彼らに下手なマネージャーはおけない。意味がないと思う。
おじさん達の出番が本当になくなっていく。顧客の声を真摯に聞き、勉強し続ける人以外には、相当厳しい時代が来るだろうと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS