64(横山秀夫)

クリスマスに不似合いな本だが、横山秀夫さんの警察小説のファンとしては、11年の歳月をかけた力作を読まずにはいられない。

大企業に勤める同期が涙して読むであろうこの著作は想像以上に重かった。

男社会の会社に勤める女子が共感出来たら、彼女はエグゼクティブになれるかもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS