生命と居場所

東大名誉教授の清水博さんという方が、
「生きていることを科学として捉えると、
居場所の命の中に人間も含めた生命の命
があるという『二重生命』なる形があり、
それがあって初めて生命が継続することが
分かってきた」
という概念を1978年に発表しておられる。

この正月松岡正剛さんの本とハーバードビ
ジネスレビューの記事を偶然読んで、久々
に衝撃を受けて何度も何度も読み返した。

先生はまた企業経営にも触れておられ、
拡大から継続に舵をきること、その上で
企業が社員の居場所として捉え、双方が
幸せを実現する能力の必要性を主張して
おられる。

普通に聞いたら鼻で笑い飛ばすこの
話を真剣に考えてみたい。

今年の良いテーマが見つかった。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS