なぜ英語を本気で勉強しないのか

私も含めて、頭ではわかっていても毎日サボっ
てしまう典型が英語学習ではないだろうか。

英語が教養や特別なスキルであった時代は、
日本という市場が大きく、日本人のやり方と
言葉でビジネスや生活が成立していたからだ。

この前提が崩れつつある今、英語力は生き残り
をかけた必須の武器になると言われている。
(社内では溺れそうな時の藁になるよ、と表現
している。)

こういう状況で、私たちの危機感がイマイチ
高まらないのは、ほとんどの情報が日本語
で提供されている環境にあると思う。だから、
日本では帰国子女の採用は上手く行かないこと
が多く、彼らをして「非常識な英語屋」として、
秘書業務程度にしか使えなかった。

でも、ビジネストップレベルの人たちは、
日本で普通に得られる情報と英語で得られる情
報あるいは、海外で見聞する情報に相当格差が
あることに気が付いている。
僕も、去年なんどか渡米して痛感したし、例え
ばベストセラーのWORK SHIFTは、2年前に
原型が出来上がり、1年前に英語版が出版さ
れている。

いや本当に深刻だと思う。
やるべきは、1日のうち、日本語に接しない英
語漬けの時間をどう作るか、逃げないか、かな。
あの吐きそうな時間をどれだけ過ごせるか、
またそういう環境に自らを置くか、かな。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS