帝京大優勝は何故ニュースにならないのか

昨日のラグビー大学選手権大会決勝はやはりというか帝京大学が圧倒的強さを発揮して優勝した。
総得点は準決勝の早稲田戦とほぼ同じ。
失点の多さは筑波大学の個々の選手の強さの証明だろう。

それにしてもNHK中心に帝京大優勝報道が地味だ。
観戦来場者数も少ないのではないか。

学校のブランドもあると思うが、それ以上に学生ラグビーに日本人が求める感動がないことが大きな理由だと思う。
プレーの完成度が高く、ドキドキするような場面が少ない。
スコアが広がらない前半から素人目に見ても、盤石という勝ち方だ。

日本ラグビーへの貢献は別にして、このスポーツの魅力という意味では新しい時代に入ったのかなあ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS