コミュニケーション能力は測定可能か?

 面接などで、一定のテーマで会話を繰り返せば
理解力や表現力、発言力などの地頭系はまあ
わかる。でも、サービス業隆盛の中で、相手の
ために何かをしてあげたい、役に立ちたい、という
能力があるかどうかは、実は採用試験では難しい。

面接では、ほぼ不可能で、ワークショップのような
ケーススタディでも、バイアスがかかると思う。
数々の適性試験を試しても、そのロジックは大きくは
変わらないからやっぱり難しいだろう。

では、どうやって見抜くか?
数日間隣に座って仕事をしてみると傾向がわかる。
顧客志向にかかわる言動(コミュニケーション)は、
相手を無視した形ででてくるからだ。

例えば、意味のない報告、相手の状況を考えない
相談、要領を得ない報告などスキル部分以外に
「自己中心の発想と行動」はこういう些細な所に
でてくる。

だめな人に共通している言動は
「人の時間に無関心で、仕事が遅い」
ということに尽きる。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS