激動の時代にあっても輝き続ける人材に必要なことは?

有名大学から有名企業へ、というのは信じて疑わない
考え方だったし、新卒でしか入れない大企業をまず選び
次のステップで中小企業(ベンチャー)も検討、というのも
ちょっと前までの常識である。

その根拠は、自分の頭で進路(キャリア)を考えるトップ
学生の活動に変化がでてきたからで、いよいよ米国に
近づくかもしれない、と期待している。

彼らは、親や、教授、マスコミなど旧世代の言うことを聞いて
いてはまずいのではないか、と気がつき始めている。

そんな学生が、当社の会社説明会にもずいぶん来るようになった。
このタイトルは、弊社説明会のタイトルであり、コンテンツでもある。

ここで教えることは以下の五つだが、
まあ、毎回内容も変わり、大学院の授業のようなものだ。

① 親、教授世代(僕も含む)の成功体験に基づく
  アドバイスのリスクを知ろう。
② 新卒で、「安心、安定」を買うリスクについて知ろう。
③ 20歳代は、研修より、自立、挫折体験が如何に大切かを知ろう。
④ それを教えてくれる人は、日本にはとても少なく、輝いている
  経営者とトップパートナーだけ。後は、経済発展途上国で働くこと。
⑤ ダイバーシティとは、スキルとしての英語力(その前提に日本語力)
  を前提とした、島国を飛び出そう、という勇気の問題

毎回盛り上がるが、これも後2回で終わり。
15日金曜日に大阪で、そして18日月曜日が東京の最終だ。

私としては、その後、ここを通過した素敵で優秀な学生と合宿で
語り合い、キャリアを議論し、良い学生に選ばれることが
とても楽しみである。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS