彷徨う40歳代

所謂一般公募で人材募集をかけると、
中高年男性がバンバン応募してくるのは
この数年変わらないが、最近は、40歳代の
女性が増えてきた気がする。

派遣期間も含めて転職が多い彼女たちが
共通して口にするのは、
「今度は落ち着いて永く勤めたいのです」
である。

家族や会社からフィードバックを受けずに
年齢を重ねると、恵まれた日本では危機感が
育たずに、それでも、なんとか仕事は見つかるから
子供のような大人が増えてきた気がする。
そういえば、親と同居も多い。

社会にでると、自己評価を社会からどのように
されていて、その原因は何かがわからないと
マネジメントコースからははじき出される。
試験や通信簿、受験で否応なしにさらされてきた
40歳代以上にとっては、自己認知力と、
上司のFBがあったかどうかで大人と子供に分かれ
ていくようだ。

良く言われる「最初の配属先の上司が何を
おいても人の成長に大きく影響する」というのは
まさにこのことである。

彷徨う彼女たちを見て、さらに大事だなと思うのは、
信念をもったFBと厳格な評価システムの運用
による組織へのFBシステムである。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS