ロストケア(葉真中顕)

ちょっと異色だけども、介護という
問題を割と真剣に捉えた小説で面白かったし、考えさせられる内容だったので、ここで紹介。
僕は、親父の入院生活が永く、最期は
かなり呆けていたけども、病院内で治療しながら過ごせたし、母も元気だったので、あまり辛い経験がないし、母は母らしくポックリ逝ってしまった
ので介護の苦労をしたことがないのだ。

だからあまり関心を持たずに生きてこれたが、これは大変な問題だなあと今更ながら思わされたことは、とてもタイムリーな気がする。

本の詳細はこちら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS