Seattle-2

朝イチで散歩がてらスタバ1号店に
行って見た。流石シアトルはこの
10分程の間に五つものスタバを
見つけることができる。

さて、1号店だが、海沿いの古い
市場の一画にあり、看板も茶色で
知らないと見過ごしてしまうような
構えだ。店内には椅子はなく、観光客
向けの記念グッズが置かれている。

それにしても、40年前の出店が
ここなのか?と驚く。周りには
幾つものカフェがあり、その中で
なぜ彼らがあそこまで飛躍したのか
是非学んでみたいと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS