ロンドンのエリート達

ここイギリスの大学入試というもの
は、内申書と統一試験で決まるが、
オックスフォードやケンブリッジ大学
は、これに加えて、口頭面接試験があり、面接官である教授が、教える意欲
を感じないとだめらしい。

そこでは、意地悪な質問や答えに
窮するような質問ばかりで、その
学生の本当の資質やパーソナリティー
から、モチベーションや相性を
見ているのだろう。

ここには起点やユーモアと言った
ガリ勉にはない才能も要求される
のも何だかイギリスのエリート
らしいではないか。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS