Day3-2 グローバル採用を考える

百聞は一見に如かず、ではないが、
日本という特殊な環境で、外国人を採用し
活用することをいくら考えても無駄である。
ましてや、業者に丸投げする人事部は、
不行跡の罪ですらある。

今日は、午前中の大学訪問の後、政府系の
出先機関で現場で汗をかく日本人の方々から
ベトナム経済や人材市場についてブリーフィ
ングを受けたり、深い議論をさせていただいた。

彼らの魅力は、世界中の途上国での経験であり、
そういう視点で、僕たちの深刻な質問に答えて
くれるので、予想以上の収穫だったと思う。

情報を得れば得るほど、日本人企業がグローバル
人材を使いこなすことは困難に思える。

それは、自己変革を伴う挑戦になるからである。
本当は、まだ時期尚早かもしれない。でも、
そういうことを理解した上でがぶ飲みして、
優秀人材を採用してみたい。

それが、弊社のミッションだと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS