森元首相の講演

早稲田二十日会の定例会が盛況だったのは、
安倍総理大臣が「師匠」と呼ぶ森さんが、
国会議員を辞めて初めての講演だからか。

NHK海老沢元会長やANA野村前社長を始め、
大学やマスコミの代表ら
錚々たるメンツが参加している。

自由席なので隣に座った方と挨拶したら、
左は沖電気工業 川崎社長、
右は、日本再生推進機構 矢島理事長 という
豪華な顔ぶれだ。

いつも思うけど、この会は、数ある稲門会の中でも、
突出してすごい。

さて、森さんの話は面白かった。
早稲田の学生の8割が首都圏に偏在することへの
問題意識から始まって、オリンピック開催の舞台裏の話は、
政治とチームワークの重要性だ。
東京開催発表の瞬間滝川クリステルさんとハグすることを
狙っていたが、叶わなかった話など良く笑わせてくれる。

ロシア外交の問題もあり、古臭いなあ、と感じる所もあったけど、
彼の人垂らしが良く感じられて、それはそれで面白い。

最後に彼の今後は2019年ラグビーW杯だと力説されていて、
なんだかいいおっさんだなあ、と失礼な事を思いながら、
帰途に着いた。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS