北京烈日(丹羽宇一郎)

中国大使として、赴任中に考えた
日本のビジョン、丹羽さんらしい
基本に忠実なものの見方が独特で
面白い。

丹羽さんも、ライフネット生命出口さん
のように、物事を歴史と哲学の観点から
シンプルに捉えようとしているようで、
新聞などから得られる情報や意見とは
随分と違うものもあって、インプット
としてはとても貴重な本だった。

特に、僕の不得手な農業の話と中国の
壮大な実験の話は、目からウロコだ。

本の詳細はこちら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS