10年後どこでも転職できるチカラ

新卒採用を始めてから、多くの学生に最終面接で約束して来たセリフだが、

「10年後の転職時、どの会社でも選べる実力をつけてやる」

というコミットメントである。

これは、確かに学生にとっては、大きな魅力だろう、殺し文句にもなる。

でもしかし、入社してからの実際は、大変厳しい環境だということにもなる。
特に、入社3年にどれだけ厳しく指導されたかで、大体決まってしまうので、
目標も高く、能力の発揮もストレッチを求められ、クタクタになる。

評価もオープンで、客観的なので、
良い仕事をした人は、どんどん発表するようにしている。
つまり、競争原理の促進である。

学生時代には憧れても実際の現場に入ると、一喜一憂も多く、
承認欲求の高いイマドキの若手にとっては、大変辛いようだ。

ここで、残る子は、能力よりも根性である。見栄を捨てて、
のたうち回って働くような執念深い性格が必要だ。

だから、今年も、根性のある学生を見抜いて仲間に加えたいと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS