プレーヤー兼任

ご存知のように、私は経営の傍ら、スタッフとしても、
特定のお客様を担当し、収益目標をもった事業部を
担当している。

こういう状況に、お客様や仲間の社長からは、
「真面目によくがんばっているよねえ」とも
言われるし、マネージャー研修参加者からは
「プレイングマネージャーを否定しながら、
自らやっているではないか」
とお叱りを受ける
こともある。

自ら、プレーをしている理由に、合理的なものは
ないが、何をおいても、

「尊敬できる経営者の役に立つ」という独立時の思いを、
(ずいぶんその後の経営は変わってしまったが)
継続したい、という個人的な青臭い思いである。

まあでも、これを通じて、自分の会社の経営にも
ずいぶん役に立っているとも思う。

それに、何よりも、素敵なお客様との付き合いは
楽しいし、幸せだと思うからだろう。


もう一つは、自分の給与と贅沢させてもらっている
ベネフィット分くらいは、自分で稼ごう、という思いだ。

これまた、合理的ではないと思うのだが、
自分の食いぶちを自分で稼げなくなったら
終わりだなあ、とも思う。

この二つで、続けているのだろう。

こう考えると、やっぱり僕は、経営者としては
2流、3流だと思う。

でもまあいいや。
自分らしいことのほうが大事だもの。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS