歳末助け合い

当社の人事制度や社風は、どちらかというと
伝統的な日本企業というよりは、合理的な欧米型と
言えるかもしれない。

でも一方で、仕事で困った仲間を自主的に助ける
文化を持っているという相反する面もある。

事務代行のアウトソーシングは、構造的にミスと隣り合わせであり、
この12月や3月くらいに事故が発生する可能性が高い。

今年は、例外を除いて、非常にトラブルが少なく、
現場で時間を犠牲に頑張ってくれるスタッフに足を向けて
寝られないくらいだが、それでもある確率で発生してしまうこともある。

そういう場合、グループを離れてサポートに向かうのが
当社の良いところだ。

自分の仕事でいっぱいいっぱいのはずだ。
でもまず、仲間の火事を消すことに迷わず向かう
心意気が素晴らしい。

これは、自画自賛になるけれども、社長として
一番自慢できるところだ。

仕事には、いろいろ辛いこともつきものだが、
こういう仲間がいることが、実は、働く誇りに
直結しているのだろう。

実は弊社で頑張るスタッフは、そういう傾向が強く、
離職するスタッフとは好対照だ。

理屈では語れないこの文化を
これからも大事にしていきたい。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS