県立浦和高校

毎年東大に50人近く合格する
県立浦和高校が、強豪相手に県大会を勝ち抜いて
今年の花園ラグビー場で行われる
全国大会に出場する。

ラグビーも他のスポーツ同様
プロ化の波が押し寄せ、全国区の学生
を集める常連校が幅を効かせているが、
古いタイプの僕としては、ラグビーは、文武両道であって欲しい。

高校三年生の最後までラグビーに明け暮れ、
夜の10時から必死に受験勉強する、
あるいは、文化祭や体育祭にも積極的に参加する。

そういう高校生は社会に出て
リーダーになることは間違いない。

大きな多様な挑戦を限られた時間の中でやりきった
未来のリーダー達を生み出すようなスポーツ
であって欲しい。

今年は楽しみだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS