女性の活用最新事情

福井県の女性就業率が日本一高いのは有名である。
公的支援と両親による育児支援や不動産の購入しやすさなどが
要因だと言われている。

一方で、福井県の女性管理職比率は全国比較でも低い
という記事が今朝の新聞に出ていたが、
僕はこれはあまり問題ではないと思う。

組織内で出世しなければ、というのは、
もはやおじさん達の古い価値観である。

一般論として女性はもっと組織から自由であるし、
自己のやり甲斐を出世以外にも作るチカラがある。

今女性の雇用や処遇で苦労している会社は、
皆古い男の論理を押し付けて、女性を一般職という
特別な差別待遇をしているケースがほとんどだ。

そういう事実に蓋をして、今更彼女達が辞めてくれないだとか
給与が高いだとか嘆いても、それはおかしな話だろう。

経営者や人事責任者はいつも時代を先取りしながら、
適切な人事戦略を考えなければならない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS