人事制度功罪

今日は、早朝から大手化学品メーカーの幹部会議に
お邪魔して、新しく導入する評価制度の説明と考課者
研修をおこなった。

ホテルの会場に集まった管理職は、なんと140名。
一度に研修という形式でやるのは過去最大人数かもしれない。

伝統あるこの会社の管理職は、全体としてとても真面目で責任感があり、

熱心に参加してくれたので、僕としても、とてもやりがいの感じる時間だった。


日本企業は、成長が続き収益性も変わらなければ、
家族経営で年功序列が良いと思う。
日本企業には、そういう制度がおさまりがいいのだ。


でも、例外はどんどんなくなり、上昇する人件費に耐えられなくなり、

人事制度の改定に手をつける会社が増えている。


キーは管理職である。


管理職のレベルと人間性が高ければ、制度に人が負けることはないからだ。
管理職がだらしないと、制度が幅をきかせて人や組織を壊すものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS