人事制度の限界

今日は、新しい評価制度の導入を控えていたクライアントの
考課者研修があり、50人の管理職が集まった。

経営にもインパクトを与える人事制度の変革に、緊張感が走る。
不慣れなマネージャーは、部下への説明責任にストレスを感じて、
制度の改善や経営陣のサポートを求めることも多い。

でも、制度をいくら緻密にしても、
前線で働くスタッフのやる気は高まらない。
部下育成という難しい仕事を制度に縋るマネージャーは厳しいと思う。

大事なのは、人間として部下と強い信頼関係があるかどうかである。
その事を伝えることが、こういう研修講師の役割だろう。

マニュアル化されたコンサルタントや講師からは、
正しい事を学ぶ事が出来ない。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS