桜の京都

日曜日の午後から京都入り。
桜の見事なこの季節観光トップシーズンで、
ホテルも外国人が多く賑わう。
ホテル代も目が飛び出る程高い。

ここは、歴史もあるが、ビジネスも拘りと伝統を大事にする会社が多い。

最近心底思うのだが、ビジネスというものは、
勝ち負けをゲームの様に楽しむのが、本質だ。
当たり前すぎるけど。

この常識の上に、企業による拘りがある。
私のクライアントのケースだと、商品に対する拘り、
顧客満足への拘り、社員への拘りなどだ。

よく考えると、収益と矛盾(タイミングの差も含めて)する要素も
あるけども、こういう拘りに悩む経営の方が人間らしいし、
支援のしがいがあるというものだ。
(もちろん勝ち負け企業は僕などお呼びではないが)。

ビジネスをゲームでしか捉えられないマネジメントチームは、
自己中心的な人が圧倒的に多い。

僕としては、人間くさい人と答えの無い問題に
取り組む方が素敵だと思うのだが。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS