労働集約企業のコアコンピテンシー

サービス業の多くは、労働集約型である。

今、弊社も含めてこうした企業は、原価の安さを求めて、

その業務プロセスを設計し、あるいは、世界の安い人件費を求めて

ITインフラとともに、展開している。


だが、こういう取り組みだけでは、いずれ限界にくるだろう。

人は機械ではないのだから。


「サービス提供現場をマニュアルとそれに従う労働者」という括りでしか

考えられない企業は、高付加価値なサービスを提供することが出来ずに、

昔の奴隷ビジネスの現代版の域を出ない。


僕は、労働集約型企業のコアコンピテンシーは、働く現場スタッフの

モチベーションを上げ、スキルアップを支援できる「評価育成システム」

にあると考えている。

そしてそれは、システムもさることながら、人の多様性を理解し、

許容し、アドバイスできるいわば「コーチ」が何人いるか、に依存するのだと思う。


そういう意味で、弊社の強みは、今間違いなく

そこにあり、開花するときだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS