初動の違い

6月に行くシリコンバレーへの経営者ツアーの準備が佳境に入っている。


このツアーの成否は、もちろん視察先やワークショップなどの

プログラムだが、成功させるためには現地の出来る人たちとの

人脈とコミュニケーションが欠かせない。


出来る人は、出来る人と繋がっている、という前提で考えると、

彼らは、本当にコミュニケーションパワーがすごいなあ、と思う。

世界とつながっているので、メールひとつのやり取りでも、

無駄なく、ストレスなく、やり取りができる。


そして何よりも、レスポンスが早い。

多忙な人ほど、レスポンスが早いのは

わかっているけども、感じずにはいられない。


「来た仕事から処理していく」

「要求や、結論を早く、わかりやすく」

というスキルが身についている人との

やり取りは、快適だ。


反対に、メールの文頭が

「XXXXのために、返信が遅くなりました----」

という人とは、あまり仕事が進まないし、やる気も起きない。

こういう人たちは、少し重い内容だと「とりあえず、何もしない」のだと思う。


仕事を割り込ませるという初動の勇気の問題だ。

こういうことは、入社直後に、教えたほうが良い。

繰り返すが、「忙しい人ほど、レスが早い」

ということを肝に銘じて、働きたいと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS