果つる底なき(池井戸潤)

平成10年という年は会社を立ち上げた年だが、
良く考えると大層不景気で暗い年だったような気がする。

そんな年に池井戸潤さんの処女作が出て、
江戸川乱歩賞を受賞したのがこの作品。

軽快なリズムやテンポは無くて、その後のヒット作品とは
別人のようだが、それでも推理小説としてはとても面白い。

詳細はこちら。
果つる底なき (講談社文庫)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS