鍋ブタ上司

組織というか人間とは面白いもので、
強い上司がいると依存し、向上心を失いがちになるものだ。

上司の顔色や判断基準を理解しようという気持ちが高まると、
そもそも自分はどう考えるのだ、ということを見失うのだろう。

やはり、人の育成方法はいろいろあるが、出来るだけやるべき仕事を任せて、
考えさせ、苦しませて、困った時だけアドバイスするのが良い。

このことは、管理職になった人間が守りに入らぬよう、
より高みを目指すためにも重要なことである。

このように考えれば、人間はどのポジションになっても、
心休まることは許されないし、むしろ上位者程、この人材育成の環境作りに
悩まなければならないのだと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS