集団的自衛権議論

国の防衛と自衛権というのは、
歴史的な解釈や環境の急変などで、
その定義や理解がとても難しいと思う。

世界規模で、事実を基に客観的に理解するのが
不得手な日本人のホワイトカラーにとって、
ちょっと怖い判断だと思う。

憲法改正か、解釈変更かという手続き論も、
私達の納得感を得る上では、無視出来ない。

何れにせよ、思考停止の感情論と、
政党や自国の都合中心のつまらない議論は避けたい。

自衛と侵略、
世界情勢と日本の外交役割、
を理解して理論展開出来る人達に任せていきたい。

当然国民の納得が大事である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS