一皮向ける

振り返って、若い社会人が
「あの時、自分は鍛えられたなあ」
とか「伸びたと思う」というような環境は大抵酷いケースが多い。

頼る人がいなかったり、自分でやるしかなかったり、
未熟なのにリーダーを任されたりといろいろだ。

ただ、そんなに人が育つならば、
どんどんやれば良い
というような単純な話ではない。

チームが壊れたり、本人が自信を失ったり、
辞めてしまうなんて事もあり得る。

だからちゃんとした会社では、
じっくり昇格やアサイメントのタイミング見極めて行うものだ。

ところが当社は、これこそ人材育成だと思い込む偏狭な社長がいるので、
実はじっくりキャリアを伸ばしたいスタッフは悲鳴を上げながら頑張って
いるというのが実態だろう。

それでも、良いこともある。

比較的若くして、大人の社会が少しだけ
理解出来るようになる事だ。

そして、そういう彼等と大人の会話が
出来ることが僕の喜びでもある。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS