会社と仕事の私物化

会社経営は、理念などの価値観と事業目標たるビジョンなどが
きちんと決まれば、後は数字による論理と合理性の議論でモノゴトを
決めていく訳で、社長だろうが、誰だろうが、このルールから外れる
ことはできない、という意見がある。

そして、そこには自由闊達な議論がある、という。

そうだろうなあ、あるいはそうしなければなあ、と思う反面、
殆どの中小企業は、社長が私物化している実態も知っている。

私物化という言い方が失礼であれば、
「自己実現の道具」
あるいは、
「会社を残す事だけが、目的」
と言い換えてもいいかもしれない。

大きな組織では、部課長による私物化があるのかもしれない。
一般的には、パワハラというのだろうが、共通点は
「あるべき論」よりも「上司の顔色」が優先することだろう。

社長に権限が集中する中小企業において、これは極めて難しいことだろうが、
僕のコンサルティング支援はこの困難な仕事の実現にあるし、
当然、当社もそうならなければいけないと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS