リーダシップか?

名著「採用基準」によると、リーダシップとは例えば、
震災当日、蛇の列のタクシー乗り場で、
最前列の人が「私は、XX方面ですが、ご一緒できる人はいますかー?」
と待っている人たちを巻き込む行為だという。

これは、なるほどなあ、と思った。

当社でも、今期になって1ヶ月、これに似た行為がいくつか出てきた。

方針(戦略)を僕たちが示した後、
「じゃあ、こういうゲーム感覚のインセンティブを作って、
全社を巻き込み楽しみながらやろう!」
という具合である。

もちろん会社なので、予算などの承認は必要だし、共有手順も大切である。

だけど大事なことは、入社3年生ほどの若手から発案があり、
巻き込んでいくリーダシップである。

これは、空気なのか、環境なのか、マネジメントの配慮なのか、いろいろあろうが、
こういう流れが出てきたら、僕たちは邪魔せず、支援するだけである。

30年前には、あまりお目にかからないこういうマネジメントが、現代版なのだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS