鍋蓋くん

時々書く、ナベブタ上司の話。

ナベブタ君の本質は、「俺が君たちの上司だ」という権利志向にある。

能力が高ければ、問題にはならないが、能力がまだ未開発だと苦しい。
なぜならば、部下よりもできるフリをしなければいけないからだ。

これは、私の経験上、男性の本質と関係しているように思う。
ちょっと残念な男性によく見られるからだ。
その点、成長途上の女性には、あまりこういう現象が見えないように思う。

もっと、自分の至らなさをカミングアウトしてしまえばいいのにと思う。
いかに楽になることか。

上司とは、偉くもないし、優秀でもない。
たまたまのお役目。
そう思えば、これ以上ない人間修行になるはず。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS