隠蔽捜査シリーズ(今野敏)

単なる警察小説ではないよ。

良くも悪くも、組織の最たる警察庁と警視庁を題材に使いながら、テーマは

「役割の追求」

だと思う。


主人公の竜崎伸也は典型的なキャリアだけど、大凡全てのサラリーマンの憧れであり、
そう公言出来る様な憎めなさも持ち合わせている。

池井戸潤さんほど汎用性はないかもしれないけど、読み出したら止まらない。

昭和系男性サラリーマンへオススメ

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS