数字と妄想

社員数が100名強くらいの中小企業の経営マネジメントを
本質的に指南する人なり、本なり、コンテンツなりというのはあるのだろうか。

「我こそは」というコンサルタントの方は多いだろうが、僕は信用できないなあ。

毎週報告される経営数字が適切であり、
これを目を皿のようにして熟読する時間は必須である。

それに加えて、組織図を眺めて、人材が本当に活用されているのかどうか、
先の数字と見比べながらいろいろ考える。

こういう時間が、毎週3時間くらいはいるかな。

さらに当社は人材が全ての資産だから、
彼らの顔色とオフィスの空気を感じるのも、経営者の仕事である。

東京と熊本に分かれたのは、この点が厳しい。
毎月2回宿泊込みで行くので、相当の移動時間もとられるが、まあやむを得ない。

僕は、去年くらいから、この3つの要素が頭の中で結びつくようになった。

オフィスの空気が悪ければ、組織のパフォーマンスは落ちているはずだし、
しばらくすると、経営数字にも影響するものだ。

言うなれば、数字と妄想のマネジメントで、
こんなことを書いてある書籍にはお目にかかったことがない。

普通は、市場調査から始めて、競合分析、戦略策定、
そして、かっこいい人事戦略と続くんだなあ、これが。
経営したことがない人の教科書(頭の構造)は多分こうなのだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS