生涯現役

出版社によると、ビジネス書を読んだり
セミナーや勉強会などに定期的にお金と時間を使う人は、
大体社会人の10%くらいだろうと聞いた。

ビジネス書や、セミナーが良いかどうかは別にして、
まあそうだろうなあ、と思う。

当社では、もう10年以上会社経費で本が買え、
中身を共有する仕組みがあるが、それでも
学んでいるのは、2割にも満たないと思う。

彼らは、モチベーションなどと口にするけども、ほぼ他責である。
出社もギリギリだし、良く群れる。

世の中の大半の社会人というものは、
「今の自分にコンプレックスや危機感」
を感じないのだろう。

そうでなければ、同じ時間を無駄な業務や遊びや休憩に費やす気持ちがわからない。

勉強しないで業務をしているだけでは
加齢とともに、賞味期限がくるのは既定の事実ではないか。

効果のほどもわからないビジネス書籍などに縋るのは、
元々知的好奇心の旺盛な人か、異様な危機感に煽られている人か
どっちかではないだろうか。

こういうことをよく講演でも話すので、
「暑苦しいやつ」とか「ギラギラしているよね」などと言われてしまう。

生涯現役とは、心技体それぞれに学ぶ意欲を持ち、実践している人だと思う。

僕は、教育に第3の人生を置きたいと考え始めているけども、
その姿は、
「生徒や参加者からいつでも謙虚に学ぶ姿勢」
である。

僕の知る限りでは、出口さんかな。
ずいぶん差があるけども。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS