つまらない会議

会議は、ちょっと気を抜くとすぐに堕落する。
開催と、出席が目的に成り代わり、誰もが
「何のため?」
という素朴な疑問を感じなくなる。

弊社が定例で始めた昨日のマネージャ会議も
退屈極まりなかった。

当社のマネージャ代行職は、未熟で未経験者の集まりなので、

「相手に何を伝えて、どういう付加価値をもたらすか」

というコミュニケーションの基本を誰も知らない。

だから、放っておくと、誰も聞きたくない話を延々と
話す、という具合になる。

プレゼン資料をネット上で共有しあう方法も試したが、
集中力が落ち、オペレーションが煩雑で、パフォーマンスは落ちた。
IT部門の提案に簡単に乗ると、こういうことにもなる。

もっと、会議に対して、コストパフォーマンスを追求すべきである。
つまらない会議は、ボイコットしてよい。

事実、僕はそうしてきたし、
役員会をボイコットする優秀な取締役もいた。

当社は、ホワイトカラーの生産性を上げることを企業目的に据えたばかりだが、
実施には、自分たちの生産性が低すぎて、笑ってしまうレベルである。

僕は、自分にレポートするスタッフは、
最低限「仕事が速い」ように鍛えるのを自らに課している。

爪先立ちで脳漿を絞りまくれないスタッフには、興味がもてないからだ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS