成果と時間

会社員は、なんとなく会社に来てもあっという間に夕方になってしまう。
そういう緩い毎日を過ごして、5年も経つと再生は難しい。
10年経ったら、まずムリである。

そういう意味では、若いうちから
「君の付加価値(アウトプット)と存在意義は何だ?」
を詰められた方が良い。

結局は、本人のためなのだ。

時間の流れや成果へのコミットは、自分基準でしか評価できないので、
緩い人が成果へのコミットをする人を理解することができない。

なんだか、いつもイライラしている人だなあ、くらいにしかわからないのだ。

とても不幸なことだと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS