台風の眼

当社のような事業は、いつもクライアントのニーズを嗅ぎ周り、
それを捉え、期待値を超えることで生き残れるし、収益が保てる。

全く落ち着いて商売をすることなど叶わない落ち着かない時代である。

だから、当社のリーダーは、顧客のそばに入りこむことが好ましい。
顧客の代弁者がリーダーでないと会社は間違ってしまう。

一方で、現場で働く気持ちを理解できないと、
顧客の声は現場に届かず動かない、というのも事実である。

つまるところリーダーとは、変化の両極点を理解し、
コミュニケーションで伝え合い、最適解へ向かうチカラである。

これは、台風の眼のようなものだ。

双方を体験させ、信念を持たせ、判断力をつけさせるには、
やはり最低10年の歳月が不可欠だ。

こういう事実を伏せて、若い子にうまいことを言う会社は、
不誠実である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS