中国の大問題(丹羽宇一郎)

中国には未だ足を踏み入れたことがない僕が、
中国に関する本は、結構読んでいるほうだと思う。

その中でも、丹羽さんのこの本は、驚く事実提供も
多く、今まで読んだ中では一番面白かったので
ここで紹介したい。

全体としては、感情論としての中国感が消えて、
強い興味が沸いて、丹羽さんの言うように、まず
は見に行かなくちゃ、と動かされた感じだ。

例えば、

・日本から40年遅れた中国(韓国は20年遅れ)
・習近平体制の不安定な政治基盤
・中国の教育投資は、国家予算の2割弱に相当、国防費の3倍!
・シャドーバンキングのリスクについて
・世界は中国を意外に好意的に見ている

特に、これだけ教育投資をしていることが
10年以上先を見据えた本気の投資であり、
シリコンバレーなどで学んだ彼らが戻って
きたときに、どれだけ脅威になるのだろうか、
と強い危機感を思った。

今年から、スタンフォード大学への日本人留学生を
増やす取組みのお手伝いをすることになったので、
尚更そう思うのかもしれない。

詳細はこちら。
中国の大問題 (PHP新書)
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS