handicapped

今日は、都下吉祥寺のクライアント
から東京駅に出て、京都へ移動という
スケジュール。

中央線の車中、本を読む手を
休めて、ふと前を見ると、
斜め前に、白い杖を持つ
目の不自由な若い女性がいる。

思わず、席を譲ろうと立ちかけたが
イヤホンが目に入り、躊躇している
間に彼女の前の席が空いて、私の
隣に慎重に座った。

隣が気になり、何か手伝うべきか、
余計なお世話か迷い、
本は読めなくなった
けど、結局声をかける機会がなく、
御茶ノ水で降りていった。

当たり前だが、彼女は、座ることが
出来ても、本は読めないし
眠るわけにいかない。

いろいろあるけど、そう言う
ハンディのない自分が、文句を
言っている場合じゃないなと
そんなことを思った。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS