向上心と学力

 誰しも自分の能力を伸ばして、自己実現したり、

創造的な仕事をしたり、組織や社会に貢献したいと

考えるだろう。


だけども、10年単位の長い社会人レースの中で、

こういうモチベーションを

「行動と成果に変換できる」

人と、出来ない人が分かれてくるのは何故だろうか。


これは、私の直感だが、一定の知力つまり、学力があるか

どうかが大きな違いではないかと思う。


考える力、反省する力、気づく力、

疲れた頭に鞭打って、学習しようとする力


どの表現が正しいのかは、よくわからないが、

こうした学力が、行動を引き起こすのは間違い

ないだろう。


逆に言えば、健全なモチベーションを持ちながら、

読書やセミナー、SNSの世界から出られない人、

青い鳥を追いかけて、転職を繰り返したり、

さまよってばかりいる人は、学力が不足して

いる可能性がある。


要は、目の前の問題を解決してやろう!

という気概と行動を学生時代からやってきたか

どうかなのではないだろうか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS