予算案から考える

 国の予算が、一般会計で過去最高となる

という記事がでている。


当社のような小さな会社でも、不思議なことに、

費用というのは、ちょっと緩むと簡単に増えるし、戻す

のが大変だ。こういう管理業務は目立たないけど、大事な

仕事だと思う。

僕が思うに、最大の固定費は、東京でのオフィス費用、

そして、採用、教育費用。

マネジメントの腕で、パフォーマンスが大きく動くのが

人件費である。


私の経験値からの予測だが、知的業務の生産性は、

同じ大卒でも、4倍の差があり、安定した運用業務でも、

改善業務を含めると、2倍の差がある。


しかし、賃金差は、その生産性のせいぜい20%

ほどであろう。不公平な話だ。


当社は、機会を与えて、どんどん挑戦させるが、

一定の差がつくと、モチベーションの低い子から、

辞意を感じるようだ。


働く日本人のホンネが、如何に、結果平等を重視し、

機会平等が如何に口先だけか、よくわかる。


ところが、ここは、シリコンバレーではなく、

東京である。

東京で、正しい競争(差別の無いfairness)と、

それにかける時間(大企業は、ゆっくりできる体力がある)と

組織の安定感(みんなが安心して居場所が有る)を三法両立する

ことが、経営の妙味である。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS