予算案から考える(2)

 国民の平均年齢の上昇で、社会保障費が

高まるのは、仕方ないだろう。

経済大国であり、成熟国の先端を走る

日本のチカラが試されるような課題だと思う。

だけども、こういう構造改革は、変革対応が

必要なはずで、保守的なこの国で、どれだけの

時間をかけてやるか、が肝だけども、改善の

延長は、無意味だと思う。

役所をリードできるリーダーの存在が不可避な

時代なのだろう。

昨夜のNHK「歴史秘話ヒストリア」では、

珍しくリスボンの大地震から立ち直った

話を取り上げていたが、やはり、希少な

リーダーの物語だった。

以下、ライフネット出口さんの受け売りだけども

このくらいの議論が新聞ネタになるくらいが、

ちょうどいいのではないだろうか。


・(子供への)相続税を100%にして、金持ちに

  お金を使わせる

・ 70歳まで働ける社会を作り、その時点の試算で、

  年金に大きく差をつける

女性や障害者、低所得者への対応は、適切にみえる。

後は、こういった思い切ったことができるかどうか、だな。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS