販売→営業→問題解決

 仕事の時給単価を生産性で考えれば、自分あるいは

一定の組織内で完結する事務仕事は低くならざるを

得ないだろう。熟練度とシステムで効率化が計れるが

物価の高い日本でいくら効率化を計っても、海外の

労働力やITにはかなわないからだ。

だから、事務スペシャリストを目指す人は厳しい。


では、対人力が中心となる営業職はどうだろう。

言葉の遊びかもしれないが、強い商品と一定の

顧客(市場)を持った販売職は、事務職よりは

その成果で報酬は増えるだろうが、あくまで

「商品ありき」の営業なので、どこかで壁に

当たる。販売職は、スキルがモノをいう世界

なので、キャリア構成上やはり何がしかの

商品を販売する仕事がよいと思う。


商品力+口先セールスは、勉強をしないので、

決してコンサルタントにはなれない。


結局、上限内能力を要求され、報酬も同様に高いのは、

所謂「ソリューション営業」というやつだ。

顧客の市場を想像する 経営や市場開発がハイエンドにあり、

現場の営業も、スキルや知識を融合し、思考し、お客様の

問題解決に活かせるかどうか、という世界だ。

報酬に上限がないのは、お客様の問題そのものが

どんどん変化すること、困難度が増しているからだ。


このように、考えると、会社の収益性も、こういう個人営業マン

(コンサルタント)が伸びる環境を造っている会社が強い

ということになるのかもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS