流星ワゴン(重松清)

いやあ、何とも悲しい話だ。
この本が、それだけ売れて、
ゴールデンタイムにテレビ放映
されると言うことは、それだけ
共感する人が多いのだろう。

テーマは、父親と息子
時代を超えて、同年代と
して出会った時友情とか
愛情の姿は果たして?

と言うところか。

重松さんのこのテーマには
共感するなあ。

本の詳細はこちら
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS