報告スピード

 今週末行った研修は、恐らく40歳前後の管理職

の方中心であったが、ご担当業務の特性上高い

事務能力や、心遣いを要求される反面、スピード感に

欠けるなあ、と感じていた。


部下育成のパートでは、頻繁な定期報告と

フィードバックを定例業務としておこなうことが

本来の人材育成であり、顧客対応業務と並ぶ重要業務

であることをお伝えした。


そして、なるほど、とうなづく参加者の方々に、

部下に報告を実践させるためには、自ら報告する

必要があることを話したうえで、

本研修の報告書を、週明け

月曜日までに、提出するように、と上司でもないのに、

偉そうに話した。



報告は、スピードが大事である。

受ける上司のモチベーションに大きな

影響を及ぼすからだ。


研修内容の羅列は不要で、何を感じて、何を学んだのか

1枚で十分書けるはずだ。

研修後、電車や飛行機で移動する間にも

できることである。

そういうプロフェッショナルな仕事の仕方を

知っていただきたかった。


さて、その結果、月曜日までに、ほぼ全員が

研修レポートを出されたようだ。僕にも、

コピーしてくれた方が大勢いたので、週末

全員に返信をだした。

結構大変だったけど、心が通った研修の

後味としては、爽快だったなあ。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS