番頭さんの話

昨夜は、関西の建築会社社長と会食
予定だったが、都合により、急遽
取締役総務部長との会食となった。

私より、5年先輩のこの方は、職業人生
において、私とは、真反対。
彼は、大学卒業後、このオーナー系
企業で、60歳まで、総務部長として
つとめあげたとても我慢強い方だ。

寡黙で、実直で、晩酌と奥様との
会話が楽しみ、という見た目は、
とても堅気には見えないおっかない
業界人でもある。

初めて、お目にかかって、社長の
紹介で、3人で会食した時、お互いに
「こいつとは、人生と価値観が違い
過ぎて、上手く行くわけがない」
と思った間柄。

予想通り、何度も、すごい衝突が
あったのだが、その後、不思議な
ことに、とても仲良しになり、
今に至る。

せっかくの機会なので、40年
一つの会社に勤め上げた先輩から
学ぼうとこんな質問をした。

「辞めようと思ったことはないの
ですか?」

40余年のご奉公の間には、背広の
内ポケットに、進退伺 を忍ばせて
働いたことが、一度ならずあった
という。

私は、思わず、考えさせられた。
いつもいつも、トップの立場でいる
と、こういう実直なスタッフの気持ち
がわからなくなるなあ、と久々に
反省させられた。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS