数字はいきもの

 昨日から、明日までの3日間は、外出予定を

極力避けて、来期事業計画作りに当てている。

過去数年の実績とそこに起きたいろんなこと、

事業レビューをしっかり読み込んで、頭に

ストーリーを作る。


そこからは、数字の世界に没頭する。

僕は、こういう仕事が大好きなので、

時間を忘れて、頭が冴える。経営の立場で見ると、

数字は、ストーリーであり、まるで、生き物だ。


一方、自分の担当事業の責任者の立場で見れば、

数字は、追うものであり、視線がぎらついてくる。


事業計画を作る経営企画の立場でみれば、間違わない

ように、整合性、合理性などのロジックしか見えない。

経営の醍醐味はいろいろあるが、その数字の奥深さも

そのひとつではないだろうか。

それとも、親父の会計士の遺伝だろうか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS