憲法と法律

 憲法論議が盛んである。

第9条や集団的自衛権(弱い国が、不法な交戦権

かた自国を守る個別自衛権が行使できずに使う

権利)の議論が中心だが、そもそも憲法とは

何だろう。

国家が決めて、人民が守る普通の法律と違い、

人民が、政府の暴走を抑えるために、ある

約束を書き込み、守らせるためのもの、と

解釈できるか。

アメリカがイギリスから独立するきっかけとなった

租税権から、人民を守るために生まれた合衆国憲法が

その原型、国王の支配を離れて、人民の代表である

議会が、政治を司る共和国体制は、ナポレオンの活躍で

ヨーロッパや日本の憲法の標準版である立憲君主制を

作り上げた。

つまり、私たちが、政府に何を守らせようとするのか

が憲法論議である。敗戦による連合国(アメリカ)が

作ったという手順や、自衛権のない日本をいつまで

アメリカが支えられるか、ということもあるが、

平和ボケした私たちが、本当に考えるべき問題である。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS